麒麟がくる 第8回 「同盟のゆくえ」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 

第8話あらすじ

 尾張の海辺で、漁師から慕われている奇妙な出で立ちの織田信長を目の当たりにした光秀は帰蝶を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧は美濃の国の安寧を一番に考えることが大事だと告げる。光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、光秀の口から「尾張に行って美濃にない海を見るべきだと、背中を押してほしい」と条件をつける。

領民から慕われている信長と初対面した光秀は・・・

 浜辺で採った魚を領民に売りさばき、一国に主の息子とは思えない行動の信長を見た光秀はこの男を本当に帰蝶に嫁がせていいものかと葛藤する。

光秀に恋心を抱く帰蝶と駒

 光秀との幼い頃の思い出話を楽しそうに話す帰蝶に「今でも光秀様がお好きなんですね・・・?」とたずねる駒。それに対してうなずく帰蝶帰蝶も「駒も光秀が好きか・・・・?」とたずねる。うなずく駒。モテモテですね~(笑)申し訳ないと謝る駒に帰蝶は「本当に嫁にいかせたくないのならわざわざ尾張に行ってまで信長を見てくる。」なんて事はしないと言う。つまり自分への気持ちは光秀にはなく駒が謝る事はないと言う。 なんか切ないですねー もう一緒にはなれないな~と感じる時の気持ちが伝わってきますね。

帰蝶を嫁がせて良いかと迷う光秀に母は・・・

 尾張で信長を見た光秀は風変わりな若者だと感じ、この男に帰蝶を嫁がせていいものかと葛藤するが母・牧は美濃の国が平和で戦のない国にするのが一番だと告げられた光秀は帰蝶を送り出すことを決心する。

尾張に嫁ぐ決心をした帰蝶

 光秀が自分の気持ちにこたえることはないと悟った帰蝶は光秀が尾張に行けと言うのなら自分は尾張に嫁に行くと言う。光秀の後押しが欲しかったんでしょうね。好きな人が後押ししてくれるなら決心できることもありますからね~

帰蝶が嫁に行くと知った高政(義龍)は光秀に詰め寄る

 帰蝶尾張に嫁に行くと知った高政は父の利政(道三)は帰蝶を政略の道具にしているし織田との婚姻は義に反していると言う。光秀と高政は土岐頼芸の元に行く。頼芸は織田と斎藤が手を結べば織田の大敵である今川義元と戦うことになると言う。しかし、光秀は美濃には海がないため、尾張と手を結べば美濃の特産品などを尾張に運べばそこから莫大な収益になるからこの和議には利があると訴える光秀。 しかし、守護である土岐氏が代々治める由緒正しき国だと考える高政は和議を結ぶなら尾張の守護である斯波氏とだと・・・しかし頼芸はさっとさっと席をはずしてしまう。頼芸が実の父親と考えている高政は不信感を抱く。

土岐頼芸が自分の父親ではないか・・・?と母に詰め寄る高政!

 高政(義龍)は己の私利私欲のために動く父利政(道三)が自分の父親ではなく土岐頼芸が実の父親ではないか・・・?と母に詰め寄る! 実は高政の母は元々は頼芸の側室であった。 しかし、今は動くときではない! 動く時まで必死にこらえろと言う。なんか、本当の父親は頼芸だと案に言っているようでしたね。

駒を京に見送る光秀に駒は・・・

 駒は光秀に本当は帰蝶を見送りたかったのでは・・・?と光秀に聞く。なぜなら帰蝶のことが本当に好きだったから逆に見送りをしなかったのではと・・・光秀はそうかもしれないと本音を匂わす。 好きな人を手放す時は逆の行動を人間はしてしまうのかも・・・?

ついに尾張に輿入れする帰蝶!今川との戦が近い

 ついに尾張に輿入れした帰蝶。織田と斎藤が手を結んだとなると今川義元も黙ってはいない。 三河松平広忠を傘下に置き戦の準備を始める義元。

尾張に着いた帰蝶だが信長の姿が・・・?

無事に尾張に着いた帰蝶だがそこには信長の姿が見当たらない。はたして信長は・・・? そんな感じで今回は終わりでした。最後まで見ていただいてありがとうございました。