麒麟がくる 第12回 「十兵衛の嫁」 展開早すぎ(笑) ネタバレ注意

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

第12回あらすじ

 織田と今川は和議を結ぶが、三河が制圧され、今川の勢力は尾張の目前に迫っていた。自分の命がもう短いことを悟った信秀は信長らを集めて織田家のこれからを話し合う。そこで待っていたのは家督を弟の信勝に譲るというものだった。失望で怒り狂う信長。帰蝶は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。一方、美濃では光秀と煕子を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

美濃の妻木で煕子と再会

 足利義輝の言葉が胸にささり考え込む光秀だが皆と鷹狩りの途中ではぐれてしまい煕子と再会する。館に寄るように言う煕子ですが、今日はいいという光秀。送るという煕子。帰路の途中で嫁になりませんか?とか言っちゃう光秀。 展開早すぎ(笑)わけわかんない~。

病床の信秀は家督を・・・

 自らの命が長くないと悟った信秀は信長や信勝らを集めて織田家の今後を話し合うが、今川氏に近い末森城を弟の信勝に譲り重臣たちも信勝に付けると言う。信長は今までどおり那古野城で力をつくせという。母の土田御前の陰謀ではと怒り狂う信長。

 

帰蝶は病床の信秀を訪ね・・・

 帰蝶は藤庵と双六がしたいという信秀が真意を聞かせてくれるなら、藤庵を一刻も早く呼んでくるという。 信秀の真意を聞いた帰蝶は信長に伝える。信長は自分の若い頃によく似ている事、良い所も悪い所も、そして尾張を任せるのは信長であること」という真意を聞いた信長。急いで帰蝶は使いを京にだす。

 

鷹の爪に毒を盛られた道三は・・・

 土岐頼芸に鷹を譲られた道三は爪に塗られた毒で殺されそうになるが身代わりになった家臣により間一髪でまぬがれる。しかし、道三はこの一件で土岐頼芸と一戦を交える決意をする。

光秀と煕子が幸せムードのさなか呼び出しが・・・

 光秀と煕子の結婚で幸せムードのさなか道三より呼び出しで稲葉山城に行った光秀は土岐頼芸のはかりごとで殺されそうなった道三は頼芸と戦うように家臣を一致団結させようとする。ついに全面戦争に突入してしまうのか・・・?

信秀と再会した藤庵だが・・・

 信秀と再会した藤庵だが信秀はすでに息を引き取っていた。

駒も帰蝶と再会したが光秀が結婚した事を知り、気が気でない様子。けっこうショック・・・? そんな感じで今日は終わりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


.