麒麟がくる 第13回 「帰蝶のはかりごと」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

第13回あらすじ

 暗殺を企てた土岐頼芸と戦うという道三。道三を訪ね、頼芸側につく高政(義龍)と身内で殺しあうことになり国を滅ぼす戦になると訴える光秀に道三は最初から戦をするつもりはなく、頼芸には美濃を出て行ってもらうが、戦をすると言ったのは国衆にカツをいれるための芝居だったと言う。どのような策で頼芸に美濃を出て行ってもらうのか・・・?

頼芸と戦をするという道三に光秀は・・・

 暗殺を企てた頼芸と戦をするという道三に光秀は頼芸側につくという高政と身内で殺しあうことになり国をほろぼすことになると訴える光秀。すると道三は最初から戦をするつもりはなく、頼芸には美濃を出ていってもらうが戦をするといったのは国衆を一つにまとめるために言っただけだという。

高政が頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まるも・・・

ある日、頼芸の鷹がすべて殺されてしまう。傷心の頼芸のところに高政が頼芸を総大将に担ぎ出すべく鷺山城に集まるが、頼芸は恐れをなして近江に逃げ出してしまう。

道三の図りごとと知った高政は道三に詰め寄る

 頼芸が逃げ出したのは道三の図りごとと知った高政は道三に詰め寄る。頼芸が実の父と信じる高政は道三は実の父ではないと言う。血迷う高政。深吉野はなだめるが二人の確執は修復できない状態になっていた。

藤吉郎(後の豊臣秀吉)登場!

三河遠江の国境付近で奇妙な人物に出会う。字が読めぬというその人物。藤吉郎(後の豊臣秀吉)と出会う。なんか秀吉のイメージと違うなあ・・・。秀吉って背が低いイメージだし。

信長と対面したいという道三

信秀の死後、守護代織田氏を筆頭に信長は国内の戦に追われていた。そんな信長の所に道三から信長に会いたいという旨の文が届く。信長はおびき出して殺してしまおうという道三の策略かもしれないと思い会いにいくことを拒否する信長に帰蝶は会いに行かなければ尾張と美濃の関係は破断すると忠告すると信長は考えなおす。

帰蝶のはかりごと

 帰蝶は伊呂波太夫に頼み多くの強靭な兵と多くの鉄砲を揃えさせる。さらに、道三は古い人間だから新しき者を好み、美しき者も好むとそのすべてを見せれば信長を気に入ると・・・。「これは私と父上の戦だと。」

ついに聖徳時で会見!

聖徳寺で落ち合う予定の二人だが道三は途中の寺小屋で信長の様子を見ていた。三百の鉄砲、そしてついに信長の姿が・・・

そんな感じで終わりでした。今回も良いところで終わりでした。