麒麟がくる 第14回 「聖徳寺の会見」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 第14回あらすじ

道三との会見の場におびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる信長。 時代に囚われずに先見の明があり、自分の若き日に似ている信長を道三は気に入る。その姿に安堵する光秀。そんな折、太原雪斎が率いる今川軍が尾張に侵入してくる。援軍を申し入れてきた信長に道三は即座に応えるが、高政(義龍)は相談もなしに美濃を危険な立場にさらす道三に不信感を募らせる。

道三、聖徳寺で信長と会見!

おびただしい数の鉄砲を引き連れて、みすぼらしい格好の信長を寺小屋で見ていた道三は奇妙な婿殿だと言い、聖徳寺に向かう。しかし、なかなか現れない信長。ついに正装で現れた信長に道三は最初は苛立つが、時代に囚われずに先見の明があり歯に着せぬ物言いの信長に道三は若き日の自分に似ていると大変気に入る。

駿河で藤吉郎(秀吉)と再会する駒

東庵のお供で駿河に来ていた駒。去年、関所で会った藤吉郎(秀吉)に再会する。字を読めるようになった言う藤吉郎。字を読めるようになって出世してやると野望を抱く。

太原雪斎率いる今川軍が尾張に侵攻!道三は・・・

今川軍が尾張に侵攻してくる。信長は道三に援軍を要請する。道三は即座に答えるが、相談もなしに援軍を送ることを決めた道三に高政は不信感を募らせる。高政は信長が負けた場合に援軍を送った斎藤家が今川家と敵対することになると言うが、道三は全く聞く耳を持たない。そんな道三に高政は自分が道三を倒し美濃の国守になるしかないと家臣である稲葉と画策するが・・・。

道三の側室である深芳野の方が自害 道三は・・

高政は母上はずっと一人であったと・・・。小見の方の子供ばかりを可愛がっていたと。

そんな事はないと言う道三。心から大切にしてきたと。それが本当であれば自分に家督を継がせると誓えと・・・。