麒麟がくる 第15回 「道三、わが父に非(あら)ず」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 第15回あらすじ

 道三は仏門に入り、ついに高政(義龍)に家督を譲る。そんなある日、道三の正妻の子である孫四郎が帰蝶の命を受け、光秀を訪ねてくる。高政(義龍)はいずれ信長と敵対し、さらには道三とも敵対して国が二つに割れてしまうのではないかと皆が心配しているので、どうにか高政(義龍)に退いてもらう道をさぐりたいので明智家にその先陣に立ってもらえないかと光秀に申し出る。光秀が高政(義龍)のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎とのやりとりをやめてこいと言われる。さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎との関係をほのめかす高政を光秀は不安に思う。

道三、仏門に入り高政に家督を譲る

道三は仏門に入り、高政(義龍)に家督を譲る。高政(義龍)の声を自分の声だと思い高政に従えと言う。さらに、従えぬ者はこの場から立ち去れと・・・。そこには正妻の子である孫四郎や喜平次もいた。

帰蝶の命を受け孫四郎が光秀に会いに・・・。

二月後、帰蝶の命を受け道三の正妻の子である孫四郎が光秀を訪ねてくる。高政(義龍)では国が一つにまとまらないと、高政に退いてもらう道をさぐりたいと・・・。その先陣に明智家に立ってもらいたいと言う。しかし、たかが二月、三月で当主としてふさわしいかどうかはわからないと思うのでその件は断ると言う。そんな態度の光秀に対し、孫四郎は早々とその場から立ち去ってしまう。

光秀が高政(義龍)のもとを訪ねると・・・。

高政(義龍)は帰蝶の命で孫四郎が光秀を訪ねていたこと、自分を引きずりおろそうと画策していることを知っていた。帰蝶に会いに行き孫四郎とのやりとりをやめてこいと言われる。さらに、信長との盟約を見直さなければならないこと、信長と敵対する織田彦五郎との関係をほのめかす高政に光秀は不安に思う。

光秀は道三に会いに行くが・・・。

光秀は尾張帰蝶に会いに行き、孫四郎とのやりとりをやめるように高政に言われたことを道三に伝える。さらに今起きている混乱は正しい道筋をつけずに家督を高政に譲ったからと申し出る。それに対し、正しい道筋などなくさらに自分が正しい道を歩んできたとは思っていないし、高政も力があれば生き残れるであろうし、非力であれば道は閉ざされるであろうと。自分の力でどうこうできるものでないと言う。織田との盟約も信長が彦五郎に負けるようならそこまでの男であろうと・・・。しかし、信長はそう簡単に負ける男ではないと言う。

尾張守護である斯波義統を織田彦五郎が暗殺!信長は・・・

尾張守護である斯波義統を織田彦五郎が暗殺!難を逃れた義統の息子である斯波義銀の命を受け信長は清洲城にいる彦五郎を攻める先陣を切ると言う。信長の叔父である信光は彦五郎に味方すると見せかけ彦五郎を殺害してしまう。城の主人を失った清洲城の崩壊は早く早々と信長の手に落ちてしまう。

信長の実力を高く評価する道三に焦りを感じる高政!

信長の手柄を我が子のように喜ぶ道三に対して高政は不満と焦りを感じる。さらに、自分は側室の子であり、家督など道三の腹一つでどうにでもなると感じ焦りを感じる。

高政は病と偽り孫四郎を暗殺してしまう。 道三は・・・

高政はいずれ正室の子である孫四郎に家督を譲ってしまうのではないかと思い孫四郎を呼び寄せ、暗殺してしまう。道三は孫四郎の死体を見て、高政に殺意を抱く。道三と高政は全面戦争に突入する。