麒麟がくる 第15回 「道三、わが父に非(あら)ず」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 第15回あらすじ

 道三は仏門に入り、ついに高政(義龍)に家督を譲る。そんなある日、道三の正妻の子である孫四郎が帰蝶の命を受け、光秀を訪ねてくる。高政(義龍)はいずれ信長と敵対し、さらには道三とも敵対して国が二つに割れてしまうのではないかと皆が心配しているので、どうにか高政(義龍)に退いてもらう道をさぐりたいので明智家にその先陣に立ってもらえないかと光秀に申し出る。光秀が高政(義龍)のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎とのやりとりをやめてこいと言われる。さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎との関係をほのめかす高政を光秀は不安に思う。

道三、仏門に入り高政に家督を譲る

道三は仏門に入り、高政(義龍)に家督を譲る。高政(義龍)の声を自分の声だと思い高政に従えと言う。さらに、従えぬ者はこの場から立ち去れと・・・。そこには正妻の子である孫四郎や喜平次もいた。

帰蝶の命を受け孫四郎が光秀に会いに・・・。

二月後、帰蝶の命を受け道三の正妻の子である孫四郎が光秀を訪ねてくる。高政(義龍)では国が一つにまとまらないと、高政に退いてもらう道をさぐりたいと・・・。その先陣に明智家に立ってもらいたいと言う。しかし、たかが二月、三月で当主としてふさわしいかどうかはわからないと思うのでその件は断ると言う。そんな態度の光秀に対し、孫四郎は早々とその場から立ち去ってしまう。

光秀が高政(義龍)のもとを訪ねると・・・。

高政(義龍)は帰蝶の命で孫四郎が光秀を訪ねていたこと、自分を引きずりおろそうと画策していることを知っていた。帰蝶に会いに行き孫四郎とのやりとりをやめてこいと言われる。さらに、信長との盟約を見直さなければならないこと、信長と敵対する織田彦五郎との関係をほのめかす高政に光秀は不安に思う。

光秀は道三に会いに行くが・・・。

光秀は尾張帰蝶に会いに行き、孫四郎とのやりとりをやめるように高政に言われたことを道三に伝える。さらに今起きている混乱は正しい道筋をつけずに家督を高政に譲ったからと申し出る。それに対し、正しい道筋などなくさらに自分が正しい道を歩んできたとは思っていないし、高政も力があれば生き残れるであろうし、非力であれば道は閉ざされるであろうと。自分の力でどうこうできるものでないと言う。織田との盟約も信長が彦五郎に負けるようならそこまでの男であろうと・・・。しかし、信長はそう簡単に負ける男ではないと言う。

尾張守護である斯波義統を織田彦五郎が暗殺!信長は・・・

尾張守護である斯波義統を織田彦五郎が暗殺!難を逃れた義統の息子である斯波義銀の命を受け信長は清洲城にいる彦五郎を攻める先陣を切ると言う。信長の叔父である信光は彦五郎に味方すると見せかけ彦五郎を殺害してしまう。城の主人を失った清洲城の崩壊は早く早々と信長の手に落ちてしまう。

信長の実力を高く評価する道三に焦りを感じる高政!

信長の手柄を我が子のように喜ぶ道三に対して高政は不満と焦りを感じる。さらに、自分は側室の子であり、家督など道三の腹一つでどうにでもなると感じ焦りを感じる。

高政は病と偽り孫四郎を暗殺してしまう。 道三は・・・

高政はいずれ正室の子である孫四郎に家督を譲ってしまうのではないかと思い孫四郎を呼び寄せ、暗殺してしまう。道三は孫四郎の死体を見て、高政に殺意を抱く。道三と高政は全面戦争に突入する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麒麟がくる 第14回 「聖徳寺の会見」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 第14回あらすじ

道三との会見の場におびただしい数の鉄砲隊を引き連れて現れる信長。 時代に囚われずに先見の明があり、自分の若き日に似ている信長を道三は気に入る。その姿に安堵する光秀。そんな折、太原雪斎が率いる今川軍が尾張に侵入してくる。援軍を申し入れてきた信長に道三は即座に応えるが、高政(義龍)は相談もなしに美濃を危険な立場にさらす道三に不信感を募らせる。

道三、聖徳寺で信長と会見!

おびただしい数の鉄砲を引き連れて、みすぼらしい格好の信長を寺小屋で見ていた道三は奇妙な婿殿だと言い、聖徳寺に向かう。しかし、なかなか現れない信長。ついに正装で現れた信長に道三は最初は苛立つが、時代に囚われずに先見の明があり歯に着せぬ物言いの信長に道三は若き日の自分に似ていると大変気に入る。

駿河で藤吉郎(秀吉)と再会する駒

東庵のお供で駿河に来ていた駒。去年、関所で会った藤吉郎(秀吉)に再会する。字を読めるようになった言う藤吉郎。字を読めるようになって出世してやると野望を抱く。

太原雪斎率いる今川軍が尾張に侵攻!道三は・・・

今川軍が尾張に侵攻してくる。信長は道三に援軍を要請する。道三は即座に答えるが、相談もなしに援軍を送ることを決めた道三に高政は不信感を募らせる。高政は信長が負けた場合に援軍を送った斎藤家が今川家と敵対することになると言うが、道三は全く聞く耳を持たない。そんな道三に高政は自分が道三を倒し美濃の国守になるしかないと家臣である稲葉と画策するが・・・。

道三の側室である深芳野の方が自害 道三は・・

高政は母上はずっと一人であったと・・・。小見の方の子供ばかりを可愛がっていたと。

そんな事はないと言う道三。心から大切にしてきたと。それが本当であれば自分に家督を継がせると誓えと・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスン体系の決め方

単発・コース・月極めレッスンの違い
 一般的にヨガスタジオのレッスン体系は、「単発レッスン」「コースレッスン」
「月極めレッスン」に分けられます。
一般的に、趣味のコースを受講してもらうことが目的の場合は、
単発レッスンや月極めレッスンなどを習い、資格取得が目的の場合は
コースレッスン制をとる場合が多いようです。
 
 
 
 
 

レンタルスペースを活用しよう

スペースの上手な探し方とは?

 

 レンタルスペースを利用する一番のメリットは

立地の良さと低コストです。

いきなり賃貸物件を借りるのは初期費用も

かかりますしスタジオを開いていないときも

費用がかかってしまいます。

さらにどの程度の集客を見込めるかもわかるので

いつか賃貸物件を借りて自分だけのスタジオを

持ちたいけれど、スタジオ経営って難しいと

考えている方にもオススメです!

 

鍵の受け渡しやキャンセルポリシーは事前にチェック

 

 レンタルスペースは他の人と共有で使用するため、

気になる事は事前に確認しておきましょう。

特に当日のカギの受け渡し方法や、会場のレイアウトの

変更方法などは、必ず確認しておきましょう。

他にも確認しておきたいのはキャンセルポリシーに

ついてです。レッスンを急にキャンセルせざるを得ない

場合には、スペース側が定めたキャンセルポリシーに

従います。無断キャンセルしてしまうと信用を失い、

次回以降スペースを借りられないなどのトラブルに

なりますので、きちんと対応しましょう。

 

 

ヨガスタジオをどこで開きますか?

場所によるメリット・デメリット

 

賃貸物件

メリット

内装などを自由に演出できる

デメリット

スタジオを開いていない時でもコストがかかる。

初期費用がかかる。

 

レンタルスペース

メリット

時間単位で借りられるのでコストを抑えられる。

立地が良い場合が多い。

デメリット

共用スペースなので、自分のスタジオらしきの演出は難しい。

毎回レッスン道具を運ぶのが大変

 

カルチャースクール

メリット

集客はカルチャースクール側で行なってもらえることが多い。

設備が整っている

デメリット

レッスン価格が安めに設定されることが多い

 

ヨガスタジオ開業に必要な資格・スキルをチェック

ヨガスタジオ開業に必要な資格・スキルをチェックヨガを教える基礎技術

例(資格 全米ヨガアライアンス認定など)

 

生徒さんに教える技術

例(レッスンを多くこなして実践の中で磨いていく)

 

生徒さんを楽しませるコミュニケーション能力

例(場を和ませ、生徒一人一人に気を配る心遣い)

 

パソコンやスマホでブログやホームページを更新するITスキル

例(レッスンの様子や講師の思いをホームページやブログで発信していく)

 

 

 

ヨガインストラクターになるには?

習い事は以前の学びから癒しや日常生活の充実のために

 以前の習い事は習字や華道、ピアノなど学びの為であったが、今の生徒さんは現代のストレス社会において癒しや日常生活を豊かにする為に教室に通われる方が多いです。

価値観の多様化で求められる講師とは

 技術を学ぶだけでなく講師との会話やコミュニケーションをとって楽しみたい生徒さんも多いはずですので、技術だけでなく細やかな気配りをして楽しませる力も必要です。

 ヨガインストラクターになるには?

f:id:dk19850213:20190310181631j:plain

ヨガ指導者に資格は必要?

 

 ヨガインストラクターになるには、絶対に資格が必要というわけではありませんが、自分の得意分野を作る事で自分の強みを発見したり、生徒さんからの信頼を得るためにも資格は取得しておいて損はないでしょう。さらに資格もないのに急に指導者を名乗ったとしても生徒を集めるのは難しいでしょう。

 

代表的なヨガ指導者資格

 インストラクターになるには、下記の資格を習得するのがいちばんの近道です。

 

全米ヨガアライアンス認定200時間・500時間

 1980年代に誕生した国際的なヨガ協会、全米ヨガアライアンスが定めた、ヨガインストラクターになるための資格です。

 世界中で養成スクールが開校されており、もっともメジャーな資格であるといえます。