どの海外旅行用SIMがおすすめ?

 
海外旅行用SIMを選ぶ 6つのポイント
①初期費用の明朗度
SIMそのものの価格もバラツキあり
 アマゾンで手軽に購入できるものから 専用サイトで購入できるものまでさまざまです。また本体料金にサービスチャージとして30MB~1GBの
通信費が含まれている商品もあり、そういった商品はお得感があります。 

f:id:dk19850213:20190706192620p:plain

初期設定の親切度

スマホ画面でも設定しやすいのは少数派

 プリペイドSIMという性質上、多くの人がスマホ上で設定すると思われるにもかかわらず、スマホからでもサクサク登録しやすい
業者は少数派。

 

チャージ料金の明朗度

料金も有効期限も結構違うんです

 プリペイド特有のチャージ。国ごと地域ごとに金額が異なるSIMもあれば、
一律料金のSIMも。また特定の地域だけ非常に安いSIMも多く、渡航する国に
適したSIMを選ぶことで、よりお得な通信環境を手に入れることができる
ようになります。

     比較ポイント

     ◎サービスチャージはあるか?

     ◎チャージの有効期限は?

                   ◎SIMの有効期限は?

                   ◎最低チャージ可能容量は?

安定した通信速度

LTE非対応のSIMも多いんです。

このご時世、当たり前の4GLTEに対応しているかと思いきや、実は非対応であることも珍しくありません。

個人情報の必須度

海外業者は住所不要が基本

 多くのSIMでは、オンラインでのアクティベーションが必要です。その際、どこまで個人情報を入力する必要があるかは、各社で差がありました。メールアドレスだけでOKなものから、住所まで登録させるものまで。また、クレジットカードの代わりにPaypal決済でOKなSIMもいくつかありました。

 

オプションの充実度

通話マストという人はココ重要です

今回はデータ通信用のSIMを比較しましたが、サービスによっては通話にも対応します。 いわゆる音声通話付きのSIMもあれば、楽天のように国内電話の転送に対応するサービスなども。 通話が必要な人は、オプションの充実度をチェックしましょう。