麒麟がくる 第11回 「将軍の涙」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

 第11回あらすじ

 竹千代と織田信秀の長男である信広の交換で三河を制圧した今川義元。今川は次々と尾張の領地を制圧していく。尾張に援軍を頼む信秀だが、織田と斎藤の同盟は道三の独断で決めた事でなかなか素直に応じる家臣は少なく一枚岩ではいかない。尾張はどうなってしまうのか・・・?

次々と尾張の領地を制圧していく今川氏

 竹千代と織田信広との交換で三河を制圧した今川義元は次々と織田方の南部の領地を制圧していく。みずからの非力を悟ったに信秀は斎藤氏に援軍を要請するが・・・。

利政(道三)と高政(義龍)の対立で援軍が出せぬ美濃

 援軍を出したい道三だが尾張との同盟は道三の独断で行った事であり、息子の義龍や稲葉は道三を糾弾しており、援軍は出せない道三。兵を出せない由を光秀に命じるのであった。

帰蝶を守るために光秀は・・・

 兵を出せない由を尾張にいる信長の守役である平手政秀に伝えると、政秀はその場をさってしまう。帰蝶が犠牲になってしまうことを恐れていると、信長が和議を結ぶしかないと言い出す。光秀は将軍家の取りなしで美濃の内紛は収まった話を思い出す。そして、光秀は再び美濃に戻る。

光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼するも・・・

 光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼するも金がかかると難色を示される。

そこで高政の取りなしで土岐頼芸のもとを訪ねるが・・・

土岐頼芸に面会するも・・・

 高政の取りなしで土岐頼芸に将軍家への取りなしを依頼するも道三をよく思わない頼芸はその願いを突っぱねるが、高政は自分にも覚悟があると言う。頼芸は「殺せるか」とたずねられると、うなずく高政。なんとか将軍家へ献上する金を工面できた光秀は京に向かう。

光秀、再び京へ

 将軍、義輝に面会した光秀。 義輝は光秀と会ったのは3回目であること。「将軍家はすべての武士の棟梁であり世をたえらかするために将軍がいること」「将軍が争うなと一言命じなければ世はたえらかにならぬこと、その言葉で励まされたと」「美濃にそういう武士が一人でもいるのか」としかし、この世で誰も見たことのない麒麟を連れていくことができれば世はたえらかになること。それを自分はまだ連れてくることができないこと。光秀の言葉で将軍家への取りなしをしてくるという義輝。

そんな感じで今回は終わりでした・・・ 明日、仕事か・・・( ノД`)シクシク…