麒麟がくる 第6回 「三好長慶襲撃計画」

f:id:dk19850213:20200126173050j:plain

第6話あらすじ

 将軍・足利義輝も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元による松永久秀三好長慶の暗殺計画があることを光秀は知る。京の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵と藤孝らと協力することに。光秀は久秀を救うことができるのか・・・?

伊平次から三好長慶松永久秀の暗殺計画があることを聞き光秀は・・・

 伊平次から三好長慶松永久秀の暗殺計画があることを知った光秀はその件を相談するために三淵の館を訪れます。しかし、三淵はその暗殺計画は細川家の内輪揉めに過ぎず、将軍家の側近である我々が介入する必要はないと言うが、藤孝は細川晴元の家臣である三好長慶松永久秀が暗殺されれば誰も管領家である細川晴元を抑える者が誰もいなくなり京の町の安寧は保たれないと反論し藤孝は戦の準備をします。

光秀の説得に三淵は・・・?

 三淵は将軍の側近である自分が動けば将軍の上意であると思われるからそれはできないと言いますが、しかし光秀は「将軍は武家の棟梁であり、武士を一つにまとめ世を平穏に治めるために将軍がいるのだから今、この世は平穏でないのだから将軍が争うなと命じなければ世は平穏にはならない・・・さらに将軍の側近であるならそのように進言してほしいと言います。」光秀の説得に三淵も協力することになります。

襲撃される三好長慶松永久秀だが・・・黒幕は・・・? 

館を襲撃されて絶体絶命の三好長慶松永久秀だが光秀たちの助太刀でなんとかその危機を乗り越える。そして黒幕はやはり細川晴元でした。忠実でも三好長慶松永久秀のほうが有能だったんですよね。だからそれがおもしろくなかったんでしょうね。「しくじりおって」って悔しそうでしたね(笑)

戦の傷で倒れてしまう光秀・・・駒と再会!

 戦の傷で倒れてしまい、熱まであった光秀は2日間眠り続けてしまった光秀。東庵の家で熱心に看病してくれた駒。駒は光秀が好きなんでしょうね(笑)

光秀の元を訪れる藤孝

 光秀の元を訪れた藤孝は光秀のように将軍が武士の棟梁であるという考える武士が京にはごく僅かにすぎず、美濃に帰らず京にしばらくいてくれないかと提案するが、光秀は美濃も京と同じで一つになっておらず美濃が一つになった時に美濃を掲げて将軍を御守りすると言います。

また斎藤と織田の戦が始まる

f:id:dk19850213:20200126153627p:plain

 美濃の大柿城はかつて斎藤氏の城でありましたが、織田信秀に奪われていました。

斎藤氏は大柿城を襲撃して奪い返します。

光秀の傷が心配な駒は美濃までついてくることに

 戦が終わり美濃に帰る光秀の傷が心配の駒はついてくることになりますが、駒はなんかうれしそう 肩寄せ合ってると緊張気味(笑) そんな感じで今回は終わりでした。